FC2ブログ

【音量規制変更】谷田部の音量規制が厳しくなりました。【重要】

いつも谷田部エンジョイスポーツランドを楽しく使ってくださり、ありがとうございます。

谷田部エンジョイスポーツランドにご来場くださる方々には、常日頃から消音を厳守してくださり、本当にありがとうございます。

しかしながら、みなさんのお心遣いにかかわらず、オフロードコースを取り巻く環境は、常に消音を求められるものでもあり、大変難しい問題が横たわることも事実です。

同時に、車両の静穏性が追求される オートバイ競技ルールや、オートバイメーカーの静穏開発の進み具合を、なかなか周辺環境は待ってくれません。

つきましては、谷田部エンジョイスポーツランドでは、下記のように音量制限を厳しくさせて頂くとともに、その間 消音性の高いマフラーや消音器具の知識やテクノロジーを、広く募集したいと存じます。

十分な消音が確保される得策が確認され次第、すぐに規制変更に対応してまいります。

また、コースレイアウトも、静穏対策のため一部変更いたしました。しかし こちらの対策は、ウイリー松浦レイアウトですので、さらに楽しいコース走行になるよう、スキルレベルの宿題という意味も含めての、良い出来栄えとなっております。攻略してみてください。

諸々、さらなるお願いとなりますが、何卒 オフロードバイクスポーツに対する愛情をもっての、みなさんのご理解とご協力を、心より、切にお願いいたします。
m(_ _)m



【谷田部エンジョイスポーツランドの消音対策で、今回追記された内容】----

2012/7/12更新

■走行できない車種があります。-----

×KX250F、450F 全機種(※K-MAXなどの消音対策済みのものは可。ただし、音量規制が厳しくなったことで、ウールや取り付け部分の不具合などの音量漏れのものは走行して頂けません。随時お問合せください。)

×YZ250F、450F 2012年モデル

×KTM250SXF、350SXF

×CRF250F 2007年、2008年、2009年(二本出しマフラー)(※K-MAXなどの消音対策済みのものは可。ただし、音量規制が厳しくなったことで、ウールや取り付け部分の不具合などの音量漏れのものは走行して頂けません。随時お問合せください。)

★上記モデルの消音対策の得策を同時に募集しています。良いマフラーや消音システムをお持ちの方は、どうかお教えください。広くご紹介をさせて頂きたく存じます。よろしくお願いいたします。
------------------------------------


■走行できないライディングレベルがあります。-----

×MFJライセンス NA 以上、MCFAJライセンス エキスパート 以上は走行できません。

★上記レベルのライダーが高回転域を使っても十分な静穏範囲を確保できる得策を同時に募集しています。良いマフラーや消音システムをお持ちの方は、どうかお教えください。広くご紹介をさせて頂きたく存じます。よろしくお願いいたします。
------------------------------------


■初心者コースの走行レベルを下記のように限定させていただきます。---

○初心者と、KX65(KLX110など)までの子供 専用。
------------------------------------


上記が新しく追加されました。何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

以下は、従来どおりの音量規制です。

2007年モデル以前の4サイクルモトクロッサーには、消音タイプマフラー(94db)とフルパワーマフラーの両方が常備されているはずですが、当コースは、消音タイプマフラー(94db)でのみ走行して頂けます。2サイクルは98dbまでのノーマルサイレンサー装着車でサイレンサーウールが健常なものでお願いします。

(※※中古車をお買上の際などには、消音タイプマフラーが装着されているか、または付属されているかどうかよくご確認ください。)

社外マフラー(2サイクルにおけるプロサーキットのようなサイレンサー室の容量が少ないもの、4サイクルにおけるヨシムラサイレンサーのように、低周波音域が爆音のものは不可)は、大音量のものが多く、走行開始後に走行をご遠慮頂くようなケースが増えています。各自ご留意くださり、ノーマル消音サイレンサーをご利用ください。

市販トレールバイクの社外品マフラーに関しては、ほとんどの種類が音量オーバーとなる事例がほとんどですので、ノーマルマフラーでの走行をお願いいたします。

2サイクル、4サイクルともども、既定範囲内のサイレンサーでも、サイレンサーグラスウールが劣化している場合には、音量をオーバー致しますので、ご注意ください。

フルパワーマフラーを装着している車両であった場合や、ウールがぬれていたり 劣化して音量が大きい車両であった場合には、走行をしていただけませんので、何卒ご協力をお願いします。(走行料の返還もいたしませんこと、ご了承ください。)

★サイレンサーウールリパック材を常備しています。もしもウールが劣化している為の大音量の場合には、お声がけをさせて頂きますので、ウールの交換のご協力をお願いいたします。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック