【谷田部音量】社外マフラー、KX250F/450Fについて

いつも谷田部を楽しく使ってくださり、ありがとうございます。

また、いつもいつも走行時の時間厳守や、音量厳守へ 強烈にご協力とご理解を頂きまして、心から感謝しています。

とくに、エンジョイスポーツランドのご利用者のみなさんにはいつもながら、オフロードスポーツの先頭に立ってのご理解とご協力と、最善のマナーを頂いており、本当に感謝しております。

この度、音量規制に関しまして さらに具体的に記述するとともに、みなさんに表現上の混乱がないよう走行の準備をしていただけるよう、音量規制の内容をクリアなものに致しました。

とりわけ KX250Fや450Fのオーナーの方々に関しましては、ユーザーの方には全く持って責任のない事象に、このようなご協力のお願いをしなくてはならない事は、大変恐縮です。(願わくば、カワサキが何か対策の純正部品を販売してくれるのが一番いいのに、、、と疑問を感じざるをえませんが、それをまっていても仕方が無い。。。とも。)

現在 谷田部を使ってくださっている方々をはじめ、みなさんが お友達をお誘いする際などには、ぜひとも今一度音量規制の件をご留意くださり、引き続き 谷田部を楽しく使ってくださいますようお願い致します。

音量規制の詳細は、ホームページにも明記しなおしました

携帯電話などでご覧になる方は、下記に記述いたしましたので、ご確認お願いいたします。

引き続きみなさんのご理解とご協力をお願い申し上げます。


------ 谷田部エンジョイスポーツランドには音量規制があります。-------

走行車両のマフラーは、ノーマルのもの、もしくはノーマル音量と同等のものに限ります。(94db以下)

注意:
2007年モデル以前の4サイクルモトクロッサーには、消音タイプマフラー(94db)とフルパワーマフラーの両方が常備されているはずですが、当コースは、消音タイプマフラー(94db)でのみ走行して頂けます。2サイクルは98dbまでのノーマルサイレンサー装着車でサイレンサーウールが健常なものでお願いします。

(中古車をお買上の際などには、消音タイプマフラーが装着されているか、または付属されているかどうかよくご確認ください。)

注意:
社外マフラー(特に、2サイクルにおけるプロサーキットのようなサイレンサー室の容量が少ないもの、4サイクルにおけるヨシムラサイレンサーのように、低周波音域が爆音のものは不可)は、大音量のものが多く、走行開始後に走行をご遠慮頂くようなケースが増えています。各自ご留意くださり、ノーマル消音サイレンサーをご利用ください。

注意:
カワサキKX250F/450F 2010年以前のモデルに関しては、ユーザー様には何の責任もなく、恐縮極まりないのではありますが、高回転域での破裂音が大変な大音量となってしまいます。よって、オフロードビレッジ様の音量規制に順じ、サイレンサーの先を下向き30度に加工、または付属品を取り付けて対応してくださいますよう、心よりお願い申し上げます。

2サイクル、4サイクルともども、既定範囲内のサイレンサーでも、サイレンサーグラスウールがぬれていたり 劣化している場合には、音量をオーバー致しますので、ご注意ください。フルパワーマフラーを装着している車両であった場合や、ウールが劣化して音量が大きい車両であった場合には、走行をしていただけませんので、何卒ご協力をお願いします。(走行料の返還もいたしませんこと、ご了承ください。)

--------------------------------------

コメント


管理者のみに表示

トラックバック