今年も♪【WE RIDE 三宅島】!!

ed01title.jpg
日ごろ 『バイクに乗るなんて子供みたいなこともうやめなさい!』とか(笑)、『いまだに暴走族みたいなことやってるの?』なんていう 世間様の無認知な冷たい視線を浴びているやもしれない、私たちのバイク人生。苦笑

ちゃんとスポーツなんだと認めてくれたのが東京都だと考えてもいいくらいなのでは!(todaは楽観的すぎですか・・・^^;)

『またバイク?』。。。といわれたら『うん!東京都主催のバイクイベントレースに出場してきます!』と胸を張って 竹芝桟橋に集合しましょう。笑笑

今年もぜひ、みんなで三宅島に行きましょう!(現在エントリー受付期間中ではありますが、定員がありますし、とくに事前にバイクを預けておくと、割引があります~。早めにアクションで♪)

今年は去年よりもさらに研ぎ澄まされたイベント運びと内容の濃さで開催の、楽しい楽しい我らが【WE RIDE 三宅島イベント】

今年も観戦ツアーありオフロード体験ツアーあり、もちろんめったにないシチュエーションでのエンデューロレースあり♪

われ等オフローダーの、年に一度の、なんていうか【オフロード仲間の慰安イベント】?みたいにして、普段はレースばかりのチームも、サポートメンバーや、家族を連れて、いっしょにのんびりと楽しめるイベントです。

(去年 観戦ツアーに参加した師匠のチビ弟子達の参加レポートはこちら~

今年はコースがもうちょっとロングになる???なんていう、ウワサもちらりと聞いたtodaです。笑

今年も各イベントが、東京都の強烈なバックアップにより、大変リーズナブルな価格で、盛りだくさんの内容♪

昨年行った面々から聞いた話では、三宅へのフェリーが満員になるのは久しぶり。にぎやかで嬉しかった、、という地元の方々のお話もあったそうです。

今年の東日本大震災で、自然災害の打撃を受けたあとの復興がどれだけ大変なのか、改めて思い知らされたわけですが、この三宅島もまさに現在復興の最中。

島の産業は、火山の噴火の前から比べたら、まだまだとてつもなく低い状態が続いていると聞いています。全島避難が解除されてからまだ6年が経過したのみです。

復興起爆としてのイベントになりうるかも、、、という趣旨の WE RIDE三宅島!(『三宅島』のWikipediaにも、WE RIDE三宅島の記述がありました。)

オフローダーとしての立場で、三宅島を深く知って復興の道筋を考えていくこともひとつ【できること】かもしれません。

案の定、島に帰ってきた若い人たちも、違う角度や考え方を大いに模索してがんばっています。

ずっと島が好き ~全島避難から10年~ PART.1


ずっと島が好き ~全島避難から10年~ PART.2
ずっと島が好き ~全島避難から10年~ PART.3


さらに今年は、三宅島から全島避難の際の実話が映画化されたりしましたよね。これを観ると、涙が止まらないと同時に、がんばる三宅島のことがさらに心に残ります。

ロック~わんこの島~



みなさんもWE RIDE三宅島に参加をして、ぜひ三宅島に思いをはせてみてください。

そうそう、今年も師匠は 運営側のヒトです。(ごくろうさまです~、でも安全でかつ楽しいコースや運営に欠かせないのが師匠ですんで、引き続き三宅島とオフローダーのために、ご尽力お願いします。笑)

追伸(todaのひとりごと):

そうそう、このイベント忘れてた、、涙 親子キャンプ体験イベント、今年もまた逃してしまった、、、!来年もやってくれないかしら。。。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック