2016年HONDA!アメリカで詳細が発表されています&W松んち受注開始です~!!

日本でのCRFシリーズの発表はまだですが、

すでにアメリカホンダのホームページでは、2016年モデルの詳細がアップされていました。

todaが読み解ける範囲で(笑)、英語のページから 内容をお伝えします。

(英語が得意な方は、ぜひアメリカホンダのホームページをご覧ください♪)

そして、同時に W松んちでは予約開始です!W松お買いものクーポン付きです♪

ご予約日は早ければ早いほど、発売日に近く入荷してきますヨ♪

9月納期を狙う、いわゆる現役ライダーの方々は、受注の〆切が近いのでお急ぎご連絡ください!

急がないけど、ガッツリ興味がある!という方々は、例年どおり毎月10日〆切の2か月後生産対応で、12月10日まで受注生産をされると思いますが、いったんtodaまでご連絡ください。詳細をお伝えできると思います。

2016年 CRF250R

変更点
・ラジエーターが大きくなった
・圧縮比向上(ヘッドの形状変更を含む)
・新ピストン(たぶん軽量化)
・新コンロッド(たぶん軽量化)
・新バルブスプリング
・排気バルブにチタン採用
・にともなって、カムのリフト量も変更!?
・マフラーエンドパイプの径が大きくなった
・レゾネーターが装着された。(エキパイの空気室という意味なので、エキパイチャンバーが付いたってコトかな?)
・パワーアップにともなって、サスペンションのセッティングを変更、特にフロントフォーク(エアサス)が5㎜長くなっている。
・チェーンローラーの径変更

さらにパワフルになったものの、あのコントローラブルさはさらに向上していると予想される。


2016年 CRF450R

変更点
・サスペンションセッティングをさらに細かく設定できるようになった。
・フロントフォークを5㎜長く。
・チェーンローラー径変更(38→34)

前年型を、より煮詰めてさらに確かな使い勝手になったと予想される。


で、CRF150R と RⅡ、CRF250X は、今年も変更なさそうです。(アメリカホンダのページを見る限りでは)

こちらもどうぞご予約お待ちしております!

CRF450R_2016_01.jpg

CRF450R_2016_05.jpg




コメント


管理者のみに表示

トラックバック